『サイレンス・ヒーロー』

クリックしてください

 画像をクリックしてください。拡大します。

 これが当社の理念です。

logo.jpg

サイレンス・ヒーロー

 財産とは何だろうか
 そう考えてみるときにまっさきに思い浮かぶのは金銭や不動産ではないでしょうか。それはおそらく「かたち」として想像しやすいからでしょう。
 では、財産とは目に見えるものだけなのでしょうか。
 そうではないはずです。
 預金通帳の残高や土地や建物の登記証明書だけが財産ではない。
 幾十年かけて築き上げてきた人生こそが何よりの財産だと、僕は思うのです。
 また、歴史上に名を残す人物だけが語られるべき英雄なのでしょうか。
 そうではないはずです。
 本当に語られるべき英雄とは、実はもっと身近なところにいるのではないでしょうか。

 思い描く理想を実現させるために、全てを賭して戦い抜いた
 従業員とその家族の幸せのために、厳しいビジネスの世界で堂々と渡り合ってきた
 難病を克服するために、決して生きる希望を捨てずに闘病を貫いた
 愛する家族のために、身を粉にして働き通した
 幾十年もの長きにわたり夫を支え続け、子供たちを立派に育て上げた

 決して驕ることなく、愛する者の幸せのためなら自分は犠牲になってもかまわないと静かに想っている、こうした人たちを仮に「サイレンス・ヒーロー」と名付けることにいたしましょう。
 彼ら彼女らの人生にこそ、語るべきドラマがあると思うのです。彼らがいたからこそ、今の私たちがあり、彼らの血のにじむような努力があったからこそ、この豊かな国がある。
それは揺るがし得ない真実に違いありません。
 理想のために、または愛する人のために、我が身をかえりみずに戦う姿は実に美しいものです。一編の物語を通し、その姿を目の当たりにすることによって、より若い世代は何かを感じ取ってくれるはずです。
 たとえば仕事に行き詰まり虚無感を感じるとき、または競争に疲れ学校に行くのが嫌になったとき、奮闘する身近なヒーローの後ろ姿はきっと彼らを勇気づけてくれることでしょう。
 あの人にできるのなら、自分にだってできるはずだ、と。
 あるいは、語られるべき英雄「サイレンス・ヒーロー」とは、これを読んでいるあなたなのかも知れません。
 そして、物語によって勇気づけられる若い世代とは、あなたの子供たちや孫たちなのかもしれません。
 もし人生の軌跡を物語としてのこすことができたなら、ご自身やご家族はもとより、まだ見ぬ後世にとってもかけがえのない宝となるのではないでしょうか。

 人生を物語に置き換えて、形あるものとして未来に受け継がせたい。

 我々、東京プライズエージェンシーはそんなあなたの想いを全力でサポートいたします。後世に語り継がれる、世界にひとつだけの物語をお作りいたします。

                   株式会社東京プライズエージェンシー
                         代表取締役社長  三浦 崇典

自分史制作サービス「エバーストーリー」

クリックしてください

「エバーストーリー」資料請求

クリックしてください

最新情報

「エバーストーリー」が遂に楽天市場に進出!
12月17日、当社が運営するショップ『ス…
受注制限について
当社ではサービスの質を保つために、受注制…
行政書士事務所からのご案内
当社は東京行政書士会所属三浦崇典行政書士…