Q&A集

Q 冊数やページ数を増やしたり、ハードカバーにしたりできますか?
A ご要望に応じてサービス内容をカスタマイズして頂くことができます。オプションサービスとしてこちらも大変リーズナブルな料金体系で様々ご用意しております。オプションサービスについてのページを参照ください。表にない場合も、できる限り対応いたします。

  >>オプションサービスはこちらから

Q 自分で書いてみたいんだけど、手伝ってくれるの?
A もちろん、お手伝いさせていただきます。スタンダード・プランの料金内で、ライターのサポートを受けながらご自身で物語を書いていただくこともできます。

Q もう原稿を持っているんだけど、安くならないの?
A すでに原稿をお持ちの方のために、簡易版「エバーストーリーLITE」をご用意しております。詳しくは専用ホームページをご覧くださいませ。なお、「エバーストーリー」でお作り頂く物語とご自身で書かれた物語を一緒に掲載すると、より奥行き深い本に仕上がりますので、こちらもご検討ください。

 >>「エバーストーリーLITE」専用ホームページ

Q どうしてこんなに安いの?他ではライター代だけでこれくらいするって言われたんだけど。
A 当社では「原稿用紙1枚数千円」という従来のライターの概念と全く異なったシステムで物語を制作いたしております。また、当社の理念に共感していただいた印刷会社様、デザイン会社様などのご協力により、および当社での営業費削減によりこの価格を実現することができました。他では絶対に真似のできない料金だと自負しております。それに、前金制を導入することによって、印刷会社様などに特別に安くして頂いているという側面もあります。

Q 地方でも取材に来てくれるの?
A もちろん、伺います。入念な準備の後、基本的には1泊2日の日程で取材に伺います。交通費と宿泊費は実費でいただきますが、出張費などは一切かかりません。

Q 家族で書いたものを入れて欲しいんだけど
A もちろん、一緒に掲載することができます。テキストデータにしておいてもらえれば追加料金もかかりません。

Q まだ40代なんだけど、作るのは早い?
A そんなことはございません。人生には様々なハイライトがあり、それは必ずしも生きた長さに比例するものではありません。目指していた夢があった、仕事で達成したことがある、旅行でのかけがえのない思い出があるなど、いくつかのハイライトがあるのなら、それを物語として抽出することができます。

Q 喜寿のお祝いに、親に贈りたいんだけど
A よろこんで、承ります。お祝いに贈る場合は、贈る側の方の寄稿文がありますと、より温かい本をお作りすることができます。いままで面と向かって言えなかった「ありがとう」や「あいしてます」を文章で表現していただいては如何でしょうか。

Q 夫婦一緒に作ってもらうことってできる?
A もちろん、可能です。お二人ご一緒に取材させていただき、規定枚数内であればそれぞれ別の場面とお二人ご一緒の場面とを、掲載することなども可能です。

Q 社史をお願いしたいですけど、できますか?
A もちろん、可能です。スタンダード・プランでも十分対応可能ですが、もしご希望でしたら、上製本化や冊数の増量などのオプションサービスをご利用ください。

Q 物語の制作だけをお願いしたいんだけど。
A 物語だけの制作も承ります。基本的には原稿用紙80枚で¥199500でお受けします。

*その他、ご不明の点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【お問い合せ】

(株)東京プライズエージェンシー

TEL:03-6914-2475

メール:everstory@tokyoprizeagency.com
 

自分史制作サービス「エバーストーリー」

クリックしてください

「エバーストーリー」資料請求

クリックしてください

最新情報

「エバーストーリー」が遂に楽天市場に進出!
12月17日、当社が運営するショップ『ス…
受注制限について
当社ではサービスの質を保つために、受注制…
行政書士事務所からのご案内
当社は東京行政書士会所属三浦崇典行政書士…